マニフレックスのマットレスの効果

理想の姿勢で腰痛を防止

朝起きたとき、腰や肩が痛いという場合は、マットレスが原因であることが多いです。

 

そのような場合は、腰痛予防の効果が高いマットレスに変えてみると良いでしょう。マットレスには低反発と高反発の主に2種類あります。腰痛予防にはある程度の弾力が必要になってきます。

 

沈み込むと柔らかくて寝心地が良いのですが、腰痛を誘発することも少なくないからです。

 

また、低反発の特殊素材は、温度が高いときは柔らかいのですが、寒くなると硬くなるという特徴があります、そのため寒い冬は冷たくて、固くなってしまうので体温で温まるまで、しばらく寝心地が悪くなると言うデメリットがあります。

 

高反発マットレスで評価が高いのが、マニフレックス社製のものです。

 

エリオセルという新素材プリウレタンフォームを使用しており、柔らかすぎず、硬すぎない理想的な弾力性と復元力を実現しています。

 

実際にマニフレックスに寝てみると、初めは一旦体が沈むのですが、そこから体の圧力を均一に保つように分散させて押し返してきます。

 

そのために背骨の曲線に沿うような理想的な姿勢で眠ることができるようになります。この理想的な姿勢が、腰痛を防止してくれるのです。

蒸れにくくエコ素材を使用

マニフレックスの高い評価は、腰痛予防だけではありません。様々な点で高い評価を得ています。

 

たとえば、蒸れないという点です。一般に使われているポリウレタンは空気や水を通しにくいために、汗や湿気を吸い込んで蒸れやすくなります。

 

湿気を吸い込むとカビが発生しやすくなり、じめじめするので、あまり気持ちの良いものではありません。

 

しかし、マニフレックスでは独自に開発した特殊ポリウレタン素材は、オープンセル構造になっており、空気を呼吸することができる構造になっています。

 

そのために汗や湿気を吸い、発散させることができるので蒸れないのです。また、空気を吸い込むので冬は暖かいという特徴もあります。また、マニフレックスのマットレスは製造から廃棄まで100%エコリサイクルが可能です。

 

生産の過程で汚染物質を使用せず、また廃棄の際にもベッドのスプリングのような粗大ゴミになりません。

 

また焼却の際にも有害物質をほとんど排出しないことが証明されています。もちろん、人体にも自然にも無毒で低アレルギーの繊維素材を使用しているために、子どもからお年寄りまで、誰でも安心して使用することができるのも大きな魅力です。

 

モットンとマニフレックスの比較記事はこちら