高反発マットレスドルメオは公式サイトがない?評判や特徴も。

高反発マットレスドルメオは公式サイトがない?評判や特徴も。

元体操選手の田中理恵さんも推奨しているイギリス発祥の寝具ブランドドルメオ

 

西川エアーもおすすめしているドルメオの高反発マットレスは実際どうなのか、気になったので徹底解剖しました。

※追記、ドルメオの公式オンラインページが無くなっていました。楽天市場では現在も販売しておりますが売り切れ次第無くなるブランドかもしれません。楽天で購入しても返品できないですし、マットレスの12年間製品保証も微妙なところです。私自身はこの時点でドルメオの選択肢はなくなりました。

>>【おすすめ記事】高反発マットレスモットンを使ってみた!

 

高反発マットレスドルメオの口コミ評判

ドルメオの良い口コミ

  • 3つ折りタイプのマットレス買ったけど折りたためるから収納が楽。
  • めっちゃいい!前のマットレスは途中で起きてしまう程腰が痛くなったけど、ドルメオにしてから全くなくなった!
  • 目覚めが良くなった気がする
  • 正直相場よりも値段は高かったけどその分腰にはしっくりしてきてる感じがする。
  • 楽天で買ったけど自分には相性良かったよ!

ドルメオの悪い口コミ

  • ウレタンフォームのマットレスならモットンがあるけど正直モットンの方が安いのに効果あった気がした。
  • マットレス中央がへたってきた。
  • 値段が高い。もっと安くしてほしい。
  • 高いお金をはたいたのにあまり腰に効いてる気がしない
  • li>オクタスプリング楽天で買ったけどウェーブしてるから人を選ぶ

口コミを見ても分かるように使う人によって賛否両論ある気がしました。

 

「腰痛が治った!」という人もいれば「体に全然合わなくて腰が痛い」などという意見を言う人も。

 

ココから分かることは結論、使ってみないと分からない!ということです。

 

その点でドルメオは楽天などで販売されていますが全額返金制度がないのがツライところですよね。

高反発マットレスドルメオのマットレス特徴や価格


ドルメオの商品は敷布団、マットレス、オーバーレイ、ピロー(枕)の4種類販売されています。(楽天市場調べ)

 

マットレス

一層(DO4510)と二層(DO4520)の違いは二層の方が硬さの異なるウレタンフォームを使用することで体圧分散・寝心地の向上、また熱や湿気も拡散しやすくなっています。また2層タイプの方がクッション性があり柔らかめです。しかしその分値段が高くなっていて、一層の方が経済的と言えます。

 

一層と二層タイプどちらもイタリア製でサイズはセミシングル・シングル・セミダブル・ダブルがあります。

 

中芯には高反発素材のエコセルを使用していて耐圧分散に優れています。

 

DO4510(一層タイプ)
  • セミシングル 約78cm x 193cm x 13cm 約6.8kg 37,900円(税別)
  • シングル 約95cm x 193cm x 13cm 約8.5kg 39,900円(税別)
  • セミダブル 約118cm x 193cm x 13cm 約10.2kg 49,900円(税別)
  • ダブル 約138cm x 193cm x 13cm 約12.0kg 59,900円(税別)
DO4520(二層タイプ)
  • セミシングル 約78cm x 193cm x 15cm 約8.8kg 52,900円(税別)
  • シングル 約95cm x 193cm x 15cm 約11.0kg 59,900円(税別)
  • セミダブル 約118cm x 193cm x 15cm 約13.2kg 69,900円(税別)
  • ダブル 約138cm x 193cm x 15cm 約15.4kg 84,900円(税別)

高反発マットレスドルメオの店舗情報


因みにネット通販では以前まで販売していたディノスオンラインショップや東京西川公式サイトやドルメオ公式通販での販売が終了しておりました。

 

楽天市場ではたぶn在庫がのこっているからか販売されていましたが、ドルメオの公式サイト自体が閉鎖されていたので今後は消えゆくブランドなのかもしれません。

 

当然製品の12年保証はきちんと保証されるか怪しいものです。

 

実店舗で言えば昔はイトーヨーカ堂、ホームズなどで販売されていましたが現在は知りません。